ぶんげいマスターピース工房 コミュニティプログラム

「演劇出前ワークショップ」

■具体例



★具体例1.「みんなでごっこ遊び」

・対象:小学校低学年 
・時間:一こま(45分〜50分)
・想定人数:20人〜30人
・内容:
1.コミュニケーションゲーム
 演劇に応用可能な遊びをしながら、心と体をほぐしていく。
2.集団創作
 下記創作例から空想を共有することを体験する。
 (創作例)
 ○大きな縄を空想して皆で大縄跳びをする。
 ○一羽の鳩が飛んでいると空想し皆で追いかける。その鳩の飛ぶ様子を皆で共有する。
 ○皆で道路を走っていると空想し、そこに様々な障害物が飛んでくる。

<狙い>
何もない場所で自分たちの想像力だけでどれだけ遊べるか。自分を取り巻く世界の感じ方が人それぞれであること、自分の体と心のつながりなども自覚する。

ows1_r.jpg ows2_r.jpg



★具体例2.「言葉を使って」

・対象:小学校高学年〜中学生 
・時間:2こま(100分程度)
・想定人数:20人〜30人
・内容:
1.コミュニケーションゲーム
2.集団創作
 短いセリフの書かれたテキストを配り、それを使って少しだけ演技をしてもらう。
 普段自分達が使っている「言葉」と「セリフ」はどう違うか?それを考えてもらい、「考えていること」と「喋っていること」がどれだけ違うかを知ってもらう。

<狙い>
コミュニケーションの大切さを再認識してもらい、「聞く・話す」能力の向上にもつなげる。

cws1_r.jpg cws2_r.jpg



★具体例3.「コミュニケーション発見」

・対象:一般 
・想定人数:20名程度
・内容:上記具体例1.2.の手法を用いつつ、ニーズに合わせたものを実施します。

<狙い>
コミュニケーションの大切さを再認識してもらうことと、自分の体と心のつながりを自覚してもらうこと

aws1_r.jpg aws2_r.jpg



■講師プロフィール

多賀 浩治(芸名 ごまのはえ

goma-photo.jpg

1999年、劇団、ニットキャップシアターを旗揚げ。
2004年「愛のテール」で第11回OMS戯曲賞大賞受賞。
2005年「ヒラカタ・ノート」で第12回OMS戯曲賞特別賞受賞。
また京都、滋賀、大阪、福岡などで演劇の講座やワークショップの講師を務める。
2007年、ぶんげいマスターピース工房2007特別公演『競作・チェーホフ』で「結婚申込」の演出で最優秀演出家賞受賞。
2008年8月30・31日にぶんげいマスターピース工房Vol.2「三人姉妹」を演出。


2008.10.18. 16:36 | コミュニティプログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぶんげいマスターピース工房 コミュニティプログラム

「演劇出前ワークショップ」

■既に実施したプログラム



◇正親小学校 (上京区浄福寺通中立売下ル菱丸町173)
ワークショップ「みんなでごっこ遊び」
日程:6月20日(金)3,4時間目(10:45−12:15)
対象:小学校4年生1クラス 27名 



◇養徳小学校 (京都市左京区田中上大久保町24)
ワークショップ「みんなでごっこ遊び」
日程:7月8日(火)5,6時間目(13:50−15:30)
講師:ごまのはえ 
対象:小学校6年生2クラス 60名
※当日の様子→こちら



◇京極小学校(上京区寺町通石薬師下る染殿町658)
共催:京極住民福祉連合会まちづくり委員会
協力:でまちになじむ実行委員会
「演劇で遊ぼう〜みんなでごっこ遊び〜」
対象:小学校3年生以上
日程:6月21日(土)13:00−15:00
会場:京極小学校体育館
参加人数:9人
※当日の様子→こちら



御所南小学校 サマーカレッジ(学びコミュニティ)
京都市中京区柳馬場通夷川上る五町目242番地
対象:小学校低学年
日程:7月26日(土)9:30−11:45
想定人数:30名×2コマ
内容:「みんなでごっこ遊び」を中心にして二講座入れ替えで行なう。



2008.10.17. 17:03 | コミュニティプログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぶんげいマスターピース工房Vol.2『三人姉妹』無事終演することが出来ました。
舞台写真(撮影:清水俊洋)の一部を公開します。

お世話になりました方々、ご来場くださった皆様に、厚く御礼申し上げます。

『三人姉妹』キャスト・スタッフ一同



◎舞台写真(クリックで拡大します)

mp08_butai_00.jpg

mp08_butai_01.jpg

mp08_butai_02.jpg

mp08_butai_03.jpg

mp08_butai_04.jpg

mp08_butai_05.jpg

mp08_butai_06.jpg

mp08_butai_07.jpg

mp08_butai_08.jpg

mp08_butai_09.jpg

mp08_butai_10.jpg

mp08_butai_11.jpg

mp08_butai_12.jpg

mp08_butai_13.jpg

mp08_butai_14.jpg

mp08_butai_15.jpg

mp08_butai_16.jpg

mp08_butai_17.jpg

mp08_butai_18.jpg

mp08_butai_19.jpg

mp08_butai_20.jpg
2008.09.10. 02:33 | その他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
どうも、制作の斎藤です。
昨日は京都府立文化芸術会館に見学に行ってきました。
すでに月曜日から仕込みが始まり、舞台美術も出来上がっていました。
明日からは通し稽古も行なわれます。

こんなに準備期間が取れるなんて!
何とも贅沢な公演ですよね。
もちろん、それによってクオリティが上がるのは間違いないのですが。
京都府立文化芸術会館に感謝感謝です。

いよいよ今週末、30日、31日が本番です。
ぜひぜひお見逃しなく。

そして劇場から衝撃の写真を公開します。

080826_1746~01.jpg

080826_1725~01.jpg

舞台中央に堂々と作られた巨大階段です!
ほんと、天井まで登れる勢い。
役者のみなさんが落ちないか、本気で心配です。

写真ではその巨大さを伝えにくいのですが、本当に大きいです。
ぜひ劇場にて本物のすごさをお確かめください。

もちろん、俳優達の演技も負けてはいません!
週末はお楽しみに♪
2008.08.27. 17:20 | 作品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今週、工房ではどんな事があったか。
参加者はどんなことを考えているか。
毎週火曜日、創劇の現場からお届けします!

--------------
★ 8月27日 「稽古場レポート Vol.3【後半】」
--------------


いよいよ本番まであと3日に迫りました。
役者さんたちもいろんなプレッシャーと戦いながら、本番に向けてどんどんいい顔になっていってます。
昨日に引き続き、「稽古場レポート Vol.3」残りの6名のレポートをどうぞ!




長沼久美子 as マーシャ(正式にはマリーヤ)

広い和室での稽古は学生時代の合宿を思い起こさせ、
1Fのカフェグリシンで珈琲にドーナツを付けてソファーから中庭を眺めてる時は、人並みの生活ができるようになったとしみじみしてみたり、
家から持ってきた水筒に冷水機の水を醜いほど何回もお替わりしている時は、昔と変わってないと不安になってみたり。
自分再発見、そして初心に戻らされた夏でした。
それくらい長い稽古期間でありました。
この後はあっという間に、驚くほどあっという間に過ぎ去っていくのだろうな。
早くやりたくてウズウズしてます。



日詰千栄 as オーリガ(愛称:オーリャ)

私の演じるオーリガは、三人姉妹(弟も入れると四人姉弟)の長女です。
これまで色んな女優さんが演じてこられたオーリガ役。
よっぽど華々しい役だと思っていたら、演ってびっくり。
ひと癖ある登場人物達に苦労かけられっぱなしです。
これまで演じてこられた歴代の女優さん達に、同情と連帯感を感じます。
果たして私は最後の名台詞
「生きていきましょうね」にたどり着けるのでしょうか?

ごま版オーリガの細腕繁盛記っぷりを、どうぞお楽しみに。



平岡秀幸 as ヴェルシーニン(アレクサンドル・イグナーチエヴィチ)

・・・・・・



F・ジャパン as トゥーゼンバフ(ニコライ・リヴォーヴィチ)

振り返ってみればこの三人姉妹のお芝居の稽古期間中、ぼくは一時だって気の休まることはありませんでした。
つまり、稽古場での安らぎが足りなかったのです。
…実は、クルイギン役の大木湖南さんというのが色々とドSな面がありましてね。この三人姉妹の稽古が始まった当初からスキあらばぼくの乳首をつねろうとたくらんでいるのです。
いっつも!
いや失礼。そんなことはいいとして。
ぼくは稽古場でよくこんなことを考えます――男性の乳首は一体何のためについているのか? とね。
もし乳首が取り外し可能だったら!
もしそうなったら、ぼくはそっと外すでしょう。
そして、おそらく、稽古中は乳首を付けないでしょう。
…いや、決して!



安田一平 as アンドレイ(セルゲーヴィチ・プロゾーロフ)

6月から始まった稽古も終わり、いよいよ本番となりました。
とにかくあとはやるだけ。
見所はズバリ!
「全部」
どこをとっても、ごまのはえらしい三人姉妹になってると思います。
もちろん僕ら役者の中にも「ごまイズム」はあります。あります。
とにかくあとはやるだけ。
本番が楽しみです。



弓井茉那 as ナターシャ(ナターリャ・イワーノブナ)

「三人姉妹」は世界中で何度やっても何度見ても味わいつくせないおいしさがあると思いますが、ごま風味の「三人姉妹」も最初から最後までむしゃぶりつくして頂きたい作品になりそうです。
今回の稽古場で私は最年少ですが、年齢も性別も体格も全く違う大人たちが走り回ったりいたずらしたり悩んだりしながらシーンを形作っております。
バラバラな登場人物12人の共通点は全員が生きにくい世の中を精一杯もがいているということです。
私、ナターシャも誤解されやすいのですが例外ではなく…。
その様子、是非劇場まで笑いに来てください。
それでは劇場でお会い出来るのを楽しみにしております。




後半6名も読み応えのあるレポートありがとうございました。
そして、いよいよ今週末に本番です。
まだチケット購入していないお客様はお急ぎください。
予定がわからない方はぜひ予定調整をお願いします。
ぜひぜひお見逃しなく!!!

チケットは絶賛発売しております!!!
当日券も発売しますので、
ぜひぜひ京都府立文化芸術会館へ足をお運びください。



--------------------------------------------------------
京都府立文化芸術会館 Tel 075-222-1046 
ぶんげいマスターピース工房 Vol.2『三人姉妹』 
2008年8月30日(土)19:00 31日(日)14:00 

□PR 観劇が更に楽しくなる「ぶんげい演劇工房」も開催中!
--------------------------------------------------------
2008.08.27. 14:53 | チューズデーレター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。