京都府立文化芸術会館の主催事業であり、よく知られた演劇の“名作”を創造的に上演し、幅広い観客層に舞台の魅力を伝えることを目的としています。

2006年度はVol.1として、ベルトルト・ブレヒト作『コーカサスの白墨の輪』を上演し、 2007年度は本事業の準備企画として特別公演「競作・チェーホフ」を製作しました。これは、公募で選ばれた3人の演出家がチェーホフの短編一幕物をそれぞれ上演し、その審査によって、Vol.2の演出家を選出する企画です。名作戯曲の面白さを人々に伝える演出的技量、一般の人々に提示できる柔軟な方法論、を備えた演出家として三名の審査員の観劇審査により選出されたのが、「結婚申込」を演出したごまのはえです。

2008年度は、「ぶんげいマスターピース工房 Vol. 2」としてアントン・チェーホフ作『三人姉妹』を上演します。

2008.05.30. 17:11 | 企画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
□2006年度
ぶんげいマスターピース工房 Vol.1
『コーカサスの白墨の輪』

◆作:ベルトルト・ブレヒト
◆演出:菊川徳之助
◆日時:2006年9月23日・24日

□2007年度
ぶんげいマスターピース工房 2007特別公演
『競作・チェーホフ』

◆作:アントン・チェーホフ
◆演出:
・ごまのはえ(ニットキャップシアター) *上演作品:「結婚申込」
・山口浩章(劇団飛び道具) *上演作品:「熊」
・仲田恭子(空間アート協会ひかり) *上演作品:「結婚披露宴」
◆日時:2007年9月29日・30日
※関連プログラムとして「ぶんげい演劇工房」を実施。

□2008年度
ぶんげいマスターピース工房 Vol.2
『三人姉妹』

◆作:アントン・チェーホフ
◆演出:ごまのはえ ※2007年度「競作・チェーホフ」の上演演出家の中から選出
◆日時:2008年8月30日・31日
2008.05.29. 15:28 | 企画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。