ぶんげいマスターピース工房 コミュニティプログラム

☆参加者の感想

・小学4年女子:わたしは、大なわがあまりじょうずじゃありません。だからとうめいの大なわは、やりやすかったです。

・小学4年男子:たんけんがたのしかったです。ほんとうにたんけんをしているみたいでおもしろかったです。「教室にハト」もおもしろかったです。ハトをおいかけているとハトがいるみたいでした。

・小学4年女子:わたしはえんげき遊びをやったことがなかったので楽しかったです。ものもないのにはとがいるみたいだし、なわとびもないのになぜかすごく、楽しめました。ごまさんとたかはらさんはすごくえんぎが上手でした。

・小学6年男子:“体を使って見えないものを表す”というのが、難しかったです。しかし、俳優さんたちは見事にそれをやるので、すごいなと思いました。

・小学6年女子:何もない場所からホンマに見えるようなひょうげんがとてもうまかったのでなわとびをやっている時とかホンマになわが見えてきたのでびっくりしました。

・小学6年女子:見てると、他のはんとはみんな全々ちがうかったです。ハトが動物園からやってきた、とかひろったとか場所とか、色々な所でみんなとちがったので見ててあきなかったです。

・小学6年男子:空想の縄跳びを見ていたとき、なぜかとう明なわが見えてきました。そして、自分が飛ぶときも、なぜかとう明な縄を意識してしまい、すぐ楽しくなってきて、こんなかんじで、その他のほとんどの遊びも楽しく出来てよかったです。こういうのは、なにもないのに、見ている人とやる人の創造が大切だと思いました。

・小学6年男子:ほんとうは無いものをあるように見せてすごかった。なわとびの時ほんとうに縄が見えてびっくりした。劇のこつは2,3人でやるんじゃなくて、みんなでやることだとおしえてもらいました。


2008.10.18. 17:10 | コミュニティプログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。