今週、工房ではどんな事があったか。
参加者はどんなことを考えているか。
毎週火曜日、創劇の現場からお届けします!

--------------
★ 8月26日 「稽古場レポート Vol.3」
--------------

いよいよ本番前の最終火曜日。
チューズデーレター最終号ということで、「稽古場レポート Vol.3」を出演者全員から頂きました。
まずはこの6名のレポートをどうぞ!




大木湖南 as クルイギン(フョードル・イーリイチ)

役者というものは、いかなる役であれ、真心を込めて演じる事が望ましいのでありまして、今回、共演させて頂いた方々は皆さん真心に溢れてました。
素晴らしい公演になると、確信しております。



尾方宣久 as ソリョーヌイ(ワシーリイ・ワシーリエヴィチ)

今日は衣装とメイクを実際に合わせてみる日だった。
みんな予想以上におかしな格好で、おかしかった。
特に安田くんが面白かったので、写真を撮ったんだけど、
ネタバレになるからここに載せるのはやめといた方がいい。
と思った。



岡部尚子 as イリーナ(俗にはアリーナ)

三人姉妹の三女のイリーナ役の岡部です。

イリーナは20歳です。私はオーバー30です。
イリーナはモテモテです。私はモテたことなどありません。
イリーナを形容する台詞にもたくさん出てきます。
「可愛いイリーナ」「私の白鳥さん」「美しい人」「うっとりするような髪の毛」「美しいあでやかな顔」
…。
実年齢より若い役をやったこともたくさんありますが、今までは「三枚目」だったり、登場人物が全員若い設定だったり…。
でも今回は違います。

更に小学4年以来伸ばしたことなどなく、ずーっとショートカットの髪の毛。
今回は…付け毛をする予定です。
ヘアメイクのイラストを見たとき、嘘だろうとつぶやきました。
共演者の日詰さんは声に出して笑っていました。
ファックさんもです。婚約者の役なのに。

何故私がイリーナなのか。

最大の疑問でした。
台詞の解釈よりも、難しい問題でした。
ずっとずっと、演出のごまっぺに聞こう聞こうと思いつつ、聞かぬまま今日に至ります。
もう聞かないほうがいいかなと最近では思いはじめています。
いや、やっぱり聞いたほうがいいのか。

「キャスティングには自信がある」的なことをごまのはえ氏が稽古場で言うてるのを小耳に挟みました。
それが答えか…。

…なんて書くと「マイナス」のイメージが強いかもしれませんが…。
今は楽しくて仕方ありません。
もうやることはないだろう「女の子」。
「女性」ではなく「女の子」。
最初は聞くたびに「ごめんなさい」と言いたくなった、イリーナを形容する私とはほど遠い台詞を聞くのも快感に変わっています。

私の話ばかりで終わってしまいましたが…。
あと数日、まだ数日。
最後まで気合い入れて走り抜けます。

階段落ちに気をつけながら。



キタモトマサヤ as チェブトイキン(イワン・ロマーノヴィチ)

俳優の立場で稽古場を過ごすことで、自然と自己の演出家としての存在を検証することとなりました。
また、ごまのはえという演出家の異能ぶりを楽しませていただいてます。
そうか、なるほどねという発見とおどろき。
本番の舞台の面白さへの期待が俳優のひとりとしても高まってきている今日このごろです。



高澤理恵 as フェラポント

フェラポントの見所はずばり衣装と小道具ですね。
見ただけでも面白いので、色んな動きをして遊んでいます。
全然おじいさんではありません。ポンコツですが。
楽しんでいただけるようにがんばります。
『三人姉妹』全体では見所満載で紹介しきれないのですが、告白のシーンが私は好きです。
ああ、でもやっぱり紹介しきれません。
どうぞ楽しみに劇場にいらしてください。



長田美穂 as アンフィーサ

ハ〜イmiho♪mihoことアンフィーサ役の長田美穂です。
チェーホフの「三人姉妹」を一味も二味も違ったごま演出は皆様を「ここは何処?」と果てしないごまワールドに率いれてくれることでしょう。
アンフィーサは、私もいつか…イヤ間近に迫ってる老、そして不安稽古中何度となくふと孤立感をも感じながら、アンフィーサを演じていました。
原作では、校長になったオーリガと明るく楽しく満足してる様が書かれているのですが本劇にはありません。
が、きっとその後は神様から幸せのエキスをたっぷりもらい若返って82才の恋をしているかもしれません。
お楽しみに♪〜




様々な角度からのレポート本当にありがとうございます。
そして、後半の6名は明日更新いたします!
最終号のチューズデーレターは前半、後半の2本立てです。
どうぞお楽しみに。

チケットも絶賛発売しております!!!
当日券も発売しますので、
ぜひぜひ京都府立文化芸術会館へ足をお運びください。



--------------------------------------------------------
京都府立文化芸術会館 Tel 075-222-1046 
ぶんげいマスターピース工房 Vol.2『三人姉妹』 
2008年8月30日(土)19:00 31日(日)14:00 
□PR 観劇が更に楽しくなる「ぶんげい演劇工房」はいよいよあと一つ!
学芸講座 8月27日(水) 19:00-21:00 「古典戯曲彩々」講師:椋平淳
--------------------------------------------------------
2008.08.26. 14:55 | チューズデーレター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。